栗原勇一郎の嫁が語った衝撃な虐待事実発覚!世間のお怒りコメントまとめ

 

 

 

 

24日、小学4年生の栗原心愛さんが自宅で死亡し、

父親の栗原勇一郎容疑者が傷害容疑で逮捕されました。

この事件では、父親からの日常的な虐待の事実も次々と浮上し、

児童相談所や教育委員会の過失も発覚し、

防ぐことができた事件ではないかと悔やまれています。

本当に残念でなりません。

 

4日、栗原勇一郎容疑者のである栗原なぎさ容疑者も、夫の暴行を

止めなかったとして、傷害容疑で逮捕されました。

警察で母親は信じがたいことを語っています。

 

真相を調査しました。

 

 

事件の詳細

千葉県野田市の小学4年栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された事件で、栗原容疑者が「(事件当日の24日は)娘を廊下に立たせた。親としてのしつけで、間違いだとは思っていない」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。これまでに「しつけ」として顔をたたいたり、屋外に立たせたりしていたとも話しており、県警は虐待が常態化していたとみて調べている。
司法解剖の結果、心愛さんの死因は不詳だが、首に擦り傷があったほか、体に複数の皮下出血が確認された。当日は母親(31)と心愛さんの妹(1)もマンションの自宅にいた。
引用元:読売新聞

 

父親からの日常的な虐待が次々と浮上しています。

「しつけ」と「虐待」の違いがわからない、どうしようもないバカな父親ですね。

一刻も早く心愛さんの死因を究明し、

栗原容疑者に重い罪が与えられることを願っています。

 

 

 

栗原なぎさ傷害容疑で逮捕

先月24日、千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅の浴室で死亡しているのが見つかった事件では、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が暴行を加えたとして傷害の疑いで逮捕されました。
これまでの調べで、心愛さんは事件当日の午前10時ごろから夜にかけて、冷水のシャワーをかけられたり首付近をわしづかみにされたりする暴行を受けたとみられています。
当時、自宅には母親のなぎさ容疑者(31)と1歳の妹も一緒にいたということで、その後の捜査の結果、警察は、なぎさ容疑者も暴行に関与した疑いがあるとして、4日午前、傷害の疑いで逮捕しました。
警察は、両親への取り調べを進め、暴行の状況や心愛さんの死因などをさらに詳しく調べることにしています。引用元:NHK NEWS WEB

 

4日、心愛さんの母親である栗原なぎさ容疑者も傷害容疑で逮捕されました。

父親の暴行を黙認していたことや、指示にしたがっていたことから、

傷害の罪となりました。

 

当然ですよね。

 

 

 

栗原なぎさの供述

栗原容疑者は、夫の勇一郎容疑者(41)と共謀して、心愛さんを虐待した疑いが持たれているが、栗原容疑者自身も、勇一郎容疑者からのDV(ドメスティックバイオレンス)被害を訴えていた。
調べに対して、栗原容疑者は「娘を守るべきだったが、娘が夫から暴行を受ければ、自分は暴行されないで済むと思った」、「暴行を止められなかったことを反省している」と話しているという。
一方、これまでの調べで、心愛さんが十分な食事を与えられず、亡くなった際、胃の中は、ほぼ空っぽだったことが明らかになっている。
警察は、栗原容疑者が食事を与えなかったことが虐待にあたるとみて、家族の生活状況などを調べている。

 

栗原なぎさ容疑者は警察の取り調べで、DV被害について訴えています。

そしてなぜ心愛さんを守ることができなかったのか。

 

「娘を守るべきだったが、娘が夫から暴行を受ければ、自分は暴行されないで済むと思った」

 

普通逆ですよね。

 

自分が暴行を受けていれば娘は殴られなかったかもしれない。。。

 

母親として、失格ですよ。

DVがどれほ酷いものであっても、命をかけて我が子を助けるのが母親ですよね。

 

ろくに食事も与えていなかったようです。

これも父親の命令です。

 

心愛さんのアザから虐待発覚を恐れて、

外出させてはいけないと命令されてもいたようです。

母親も同罪じゃないですか。

 

心愛さんが不憫でなりません。

 

 

 

世間の声は?

 

ネット上ではお怒りの声が多数です。

こんなのは「傷害罪」の容疑ではなく、
一般的に「殺人」の容疑をかけられても
おかしくない程に痛ましく、
ものすごく怒り…
ものすごい憤りを感じる事件です。こんな事は絶対にあっては駄目

 

栗原、留置所でずっと立たせて眠らせない様にしてください。
子供に虐待した親には同じ目にあわせて欲しい。
そして、もっと重い罪を与えないとダメだと思う。

 

大人は嘘つき。結局は自分の事しか考えていない。
亡くなったあの子の周りにはクズしかいなかった。
こう思えてなりません。
自分も他人の事は言えませんが・・・けど、酷過ぎますね。

 

しょーもない父親・・・
しょーもない母親・・・
そして周りのしょーもない大人達・・・世の中には今も同じように虐待を受けてる
子供がたくさんいる・・・
少しでいいから耳を傾け声にしようよ・・・悲しすぎる世の中だ・・・

 

こんな死に方、心愛ちゃんが可哀想すぎる。児童相談所も教育委員会も 親と一緒になって心愛を殺したも同然、日本全国の児相も教育委員会も足を使って子供たちを守って下さい。
じゃないと いつまでも心愛ちゃんが浮かばれない。

 

 

 

 

まとめ

 

子供を愛せない親が増えていますね。

なぜでしょうか。

自分が一番可愛いのでしょうね。

そうであれば、最初から親になんてならないでほしいものです。

 

 

関連記事↓

 

【新着】小4女子虐待事件・死因は何?栗原勇一郎の二面性がヤバイ!

栗原勇一郎会社名判明!小4虐待死の真相は?児童相談所の重大な過ち

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。