【新着レポ】祖父江イチョウ祭り2018!見頃はいつ?アクセスは?

スポンサーリンク

イチョウの季節がやってきましたね^^

銀杏の生産日本一を誇る愛知県の祖父江町では、毎年この時期になると

イチョウ祭りが行われます!

祖父江町にある1万本以上のイチョウの木が、街全体を金色へと染め上げます。

見所は、他ではない黄色の紅葉!!

そこで前回1回目は、お祭り開催前に一足早く現地へ行きましたが、

今回は、23日お祭り初日に行ってきましたー!

銀杏祭りって?

毎年、祖父江では11月中旬頃から町中のイチョウが一斉に色づきます。

今年で第21回目の『祖父江イチョウ紅葉まつり』となります。

開催日

11月23日〜12月2日に開催

イチョウ祭りの会場となる「祐専寺」の境内ではPM5時〜PM9時の間に

ライトアップが行われます。(ライトアップは12月1日まで)

この祐専寺にある樹齢300年以上の大木は一見の価値ありです!

開催場所

  • 山崎会場(全期間)
  • 祖父江町体育館会場(11月23日、24日)
  • サテライト会場(11月25日)

所在地

495-0002 稲沢市祖父江町山崎下枇486-1(祖父江町体育館)

495-0002 稲沢市祖父江町山崎柳野11(山崎会場)

スポンサーリンク

アクセス

電車の場合➡︎名鉄尾西線「森上」駅から徒歩17分

車の場合➡︎名神岐阜羽島ICより20分

(駐車場:まつり期間中は平日400台、土日祝700台)

祭り期間中は、かなりの見物客が予想されますので、個人的には

電車の方がオススメです!

見頃は?

こちらが23日の様子です。

だいぶ前回の18日よりは紅葉が進んでいました!

所によっては紅葉真っ盛りの木もあれば、まだまだ紅葉し始めたばかりの木もみられました。

祐専寺境内はこんな感じです!

銀杏の素揚げの試食をいただきましたが、モチモチで

銀杏特有な苦味も少なくとっても美味しかったです!

他にもお餅や、和菓子、そして銀杏の殻に可愛らしい絵が描かれたストラップなど

お土産も売られていました。

こちらは祐専寺から南に50mほど歩いたところ。

紅葉真っ盛りでした!

黄色づくしのインスタ映えする写真にはオススメスポットです!

今後まだ1週間はこのような色づきが続くかと思われます!^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。