【ジャパンカップ】アーモンドアイ優勝の決め手は?

スポンサーリンク

第38回ジャパンカップが本日25日、東京競馬11Rで行われました。

優勝したのはなんとC・ルメール騎手騎乗の一番人気「アーモンドアイ」でした。

中央競馬のレコードタイム(2分22秒1)を大幅に更新する2分20秒6での

快挙を成し遂げました。

アーモンドアイについての調査と、世間の反応を伺ってみました。

 

ジャパンカップ2018優勝

アーモンドアイについて

生年月日:2015年3月10日

父:ロードカナロア

母:フサイチパンドラ

父母:サンデーサイレンス

調教師:国技 栄

馬主:有限会社シルクレーシング

生産者:ノーザンファーム/ 安平長

兄弟馬:スペルヴィア、ユナカイト

系統:Mr. Prospector系

 

世間の反応

https://twitter.com/makiharu_kansya/status/1066590119526719488


https://twitter.com/raulraulraul7/status/1066589997157904385


https://twitter.com/esora031/status/1066589793478369280
https://twitter.com/AlmondEye150310/status/1066588279267442688


https://twitter.com/MomentsJapan/status/1066592979765227520

スポンサーリンク

優勝の決め手は?

今回アーモンドアイが優勝に到った一つの理由は、

東京芝2400Mにおいては非常に有利とされる最内の1番枠をゲットしたこと。

どうやら最内が決定した時から優勝が多くの人から予想はされていたようですが、

本当にキセキがおきましたね!

 

まとめ

SNSでは盛り上がっていますね。

今回で6連勝ということで、圧巻の強さですね。

本当におめでとうございます。

今後のご活躍を楽しみにしております。

 

こちらもどうぞ^^↓

映画ボヘミアン・ラプソディーのバカ売れグッズとは?!

FNS歌謡祭キンキーブーツ出演決定!気になるタイムテーブルは?!

 

海外旅行お好きな方はこちらも↓

世界最大級のEDMフェス!Tomorrowland!!豆知識①

シンガポール必見スポット!魅力溢れる近代都市!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

3度の飯より旅が好き♡ 旅した国は➡︎36カ国。 最上級でエキゾチックだった旅は南米アマゾン。 オーストラリアとシンガポールに住んでいました。 現在ハワイ移住計画中です^^ 旅行、海外生活、英会話、トレンド系などお役に立てる情報をご紹介していきます!