青酸カリ脅迫事件!製薬会社に薬品同封の脅迫文で金銭要求!犯人は誰?

 

25日、都内の製薬会社6社と毎日新聞東京本社へ、白い粉が入った封筒と金銭を要求する

脅迫が届いていたことが明らかとなりました。

警察の調べによると、

白い粉は猛毒のシアン化カリウム(青酸カリの可能性が高いとのことです。

届いた封筒の一部は差出人は「麻原彰晃」となっていたようです。

 

一体どのような脅迫内容で、犯人は何者なのでしょうか。

 

真相を調査しました。

青酸カリ脅迫事件

複数の製薬会社に25日、白い粉の入った封筒が届けられていたことが警視庁への取材で判明した。警視庁が簡易鑑定したところ、粉は猛毒のシアン化カリウム(青酸カリ)の可能性が高いという。届いた封筒の一部は差出人が「麻原彰晃」となっていた。警視庁は毒劇物取締法違反などの容疑で捜査を始めた。警視庁などによると、白い粉が入った封筒は少なくとも製薬会社4社に届いた。青酸カリを入れた偽物の薬を流通させるという趣旨の文書も同封されていた。また、毎日新聞東京本社にも同日午前、白い粉が入った封筒が届き麹町署に届け出た。この粉も青酸カリの可能性が高いという。製薬会社への脅しとみられる同様の文書が同封されており、死刑執行されたオウム真理教幹部の氏名が列挙されていた。引用元:毎日新聞

 

東京都内の製薬会社や新聞社に青さ酸カリとみられる薬品が脅迫文とともに封書で送られていたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。脅迫文は金銭を要求する内容で、一部の封筒の差出人の欄には、死刑執行されたオウム真理教元教祖の麻原彰(しょう)晃(こう)元死刑囚=執行時(63)、本名・松本智(ち)津(づ)夫(お)=ら元幹部の氏名が記されていたという。警視庁捜査1課が恐喝未遂などの容疑で捜査している。引用元:産経新聞

 

 

脅迫内容は?

青酸カリとも見られる粉が入った封筒は現在の新情報によると、

製薬会社6社と毎日新聞社に届いているようです。

 

その脅迫内容ですが、恐ろしいものです。

 

「青酸カリを入れた偽物の薬を流通させる」

「3500万ウォンをビットコインで送りなさ。送らなければ悲劇が起こる」

と記されていました。

 

青酸カリについて検索すると、極めて強い毒性を持つ化合物とでてきます。

 

こんなものが本当に偽物の薬として流通してしまえば、大混乱になりかねません。

 

これは脅しなのでしょうか。

金銭を要求するただの脅しであれば、最上級で悪質ですよ。

 

しかしビットコインで金銭要求というのは新しいですね。。。

 

犯人は誰?

封筒の差出人部分にはなんと暴力団幹部の名前麻原彰晃の名前が記されていました。

麻原彰晃とは、死刑執行されたオウム真理教元教祖・元幹部の名前です。

 

あの忘れもしない「地下鉄サリン事件」のように毒で人々を

殺すことをほのめかす表現をしています。

 

犯人はオウム真理教に関わった人物もしくは暴力団関係者なのでしょうか。

 

それとも、3500万ウォンと通過指定があるということは、やはりお隣の国の何者かが

犯人なのでしょうか。

あえてそのように思わせている可能性もあります。

 

謎ですね。

 

シアン化カリウム(青酸カリ)って何?

シアン化カリウム(シアンかカリウム)、青酸カリウム(せいさんカリウム)は、青酸カリ(せいさんカリ)、青化カリ(せいかカリ)とも呼ばれ、毒性代名詞的存在だが、工業的に重要な無機化合物である。毒物及び劇物指定令で「シアン化合物」として毒物に指定されている。

引用元:ウィキペディア

 

 

まとめ

本当に恐ろしい脅迫ですね。

警察がどのように対応していくのでしょうか。

こんな恐ろしいことが本当に起きないことを願うばかりです。。

 

 

こちらもどうぞ^^↓

 

前橋市職員が殺人容疑で逮捕!鳥山裕哉が交際相手を刺した理由がヤバイ!

田村真樹の顔画像とSNSは?横須賀市老人ホーム殺人事件の犯人は誰?

神田うの目がおかしいと話題に?整形疑惑でインスタ炎上!疑惑の真相は?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。