ハワイアン航空客室乗務員急死!死因は何?サンフランシスコで緊急着陸

スポンサーリンク

 

今月24日、ハワイアン航空のホノルル発ニューヨーク行きの便で、

客室乗務員急死していたことがわかりました。

客室乗務員の男性は、急死だったようです。

男性に一体何が起こったのでしょうか。

真相を調査しました。

 

ハワイアン航空客室乗務員死亡

米ホノルル発ニューヨーク行きのハワイアン航空機内で客室乗務員が倒れ、救命処置のかいなく死亡したことが分かった。
CNN系列局によると、同機が24日夜にホノルルを出発してから約3時間後、男性の客室乗務員が急病で倒れたとして、機内の医師らに協力を求めるアナウンスが流れた。
ハワイアン航空が25日に発表したところによると、同機は乗客253人、乗員12人を乗せてニューヨークへ向かっていたが、サンフランシスコに緊急着陸した。乗客らはできるだけ早い便に乗り換えて目的地へ向かったという。
発表によれば、死亡した客室乗務員はハワイアン航空に31年間勤務していた。同航空は、その場で救命措置に協力した同僚や乗客らに感謝の意を表した。
引用元:CNN co.jp

 

 

詳細は?

今月24日、ハワイアン航空、ホルル発ニューヨーク行きのHA50便で

客室乗務員の男性が急死する出来事が起こりました。

 

これにより、この便はニューヨークのジョン・エフ・ケネディー空港へ向かっていましたが、

サンフランシスコ国際空港へ緊急着陸をしました。

この便には、253人の乗客と12人の乗務員が乗っていたそうです。

 

死亡した男性はEmile Griffith(エミール・グリフィス)さんで、

エミールさんは31年間ハワイアン航空に乗務していたようです。

 

 

スポンサーリンク

死因は何?

それでは、死因は何だったのでしょうか。

 

詳しい死因はまだ公表されていません。

急死と報道されていることから、脳梗塞か何かでしょうか。

 

31年間にも渡り機内での乗務をし続けることができたということは、

体力がない人ではないのは確かです。

気圧の変化に耐えられ、不規則な勤務時間で乗務をすることは容易ではありませんからね。

 

経験豊富なベテランの乗務員だったのに、本当に残念です。

 

緊急着陸後乗客はどうなった?

サンフランシスコへ緊急着陸となった他の乗客は、

一番早い便で目的地へ向かったとのことです。

 

このような理由での緊急着陸の場合、患者側にも会社側にも損害賠償の

責任はないようなので、乗客のみなさんは少し苦労してしまうのかもしれませんね。

さすがに、目的地までの振替え便くらいは用意してくれると思いますが、

遅れたことによって何か補償することはないようです。

 

まとめ

本当に、突然何が起こるかわかりませんね。

アメリカは医療費が高いことから、健康診断などは受けていなかったのでしょうか。

定期的な健康診断は大切ですね。

 

亡くなったエミールさんにご冥福をお祈りします。

 

 

こちらもどうぞ^^↓

 

製薬会社に青酸カリで脅迫!ビットコイン3500万ウォンを要求!犯人は誰?

伊勢崎市乳児遺体遺棄事件!母親は誰?乳児を押入れのダンボールに放置

神田うの目がおかしいと話題に?整形疑惑でインスタ炎上!疑惑の真相は?

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

3度の飯より旅が好き♡ 旅した国は➡︎36カ国。 最上級でエキゾチックだった旅は南米アマゾン。 オーストラリアとシンガポールに住んでいました。 現在ハワイ移住計画中です^^ 旅行、海外生活、英会話、トレンド系などお役に立てる情報をご紹介していきます!