日本歯科大学火事!実験室での出火原因は何?放射性物質が漏れた可能性は?

スポンサーリンク

 

 

29日、東京千代田区の日本歯科大学で、火災が発生しました。

出火元は、放射性物質を取り扱う実験室のようです。

一時はハイパーレスキュー隊が出動するまでの騒動となったようですが、

現在はどうなっているのでしょうか。

けが人についてや出火原因など、詳しく調査しました。

 

日本歯科大学で火事発生

 29日朝、東京・千代田区の日本歯科大学の放射性物質を扱う施設にある実験室で火事がありました。今のところ、放射性物質が漏れたという情報は入っていないということです。
警視庁などによりますと、午前8時40分ごろ、千代田区富士見の日本歯科大学にある放射性物質を扱う施設で、地下2階の実験室から火が出ました。器具などが爆発したとみられ、破片で男性が軽傷を負い、実験室の天井の一部が焼けたということです。
東京消防庁のハイパーレスキュー隊などが出動して、辺りは一時騒然としましたが、放射性物質が漏れたという情報は入っていないということです。警視庁は、出火原因を詳しく調べています。引用元:TBS News

 

けが人は、男性一名が軽傷。

今のところ、放射性物質が漏れた可能性はないとのことです。

 

出火原因は?

詳しい出火原因はわかっていません。

 

地下二階の放射性物質を取り扱う研究室で、

器具などが爆発したということだけ現状でわかっています。

 

人為的なミスなのか、器具の不具合なのか、気になりますね。

 

しかし放射性物質が漏れた可能性もなく、けが人も軽傷で済んだということは、

まさに不幸中の幸いとも言えますね。

本当によかったです。

 

 

スポンサーリンク

 

場所はどこ?

火事が起きた場所は、

東京千代田区富士見町の「日本歯科大学」地下二階にある放射性物質を取り扱う実験室です。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

放射性物質を取り扱う現場での火事ということで、

大惨事には至らず本当によかったです。

 

今の所、放射性物質が外部に漏れている可能性はないとのことで安心しました。

 

 

 

こちらもどうぞ^^↓

 

伊勢崎市乳児遺体遺棄事件!母親は誰?乳児を押入れのダンボールに放置

新河岸駅前で火事発生!火災の画像や動画まとめ!煙がヤバイ!

ハワイアン航空客室乗務員急死!死因は何?サンフランシスコで緊急着陸

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

3度の飯より旅が好き♡ 旅した国は➡︎36カ国。 最上級でエキゾチックだった旅は南米アマゾン。 オーストラリアとシンガポールに住んでいました。 現在ハワイ移住計画中です^^ 旅行、海外生活、英会話、トレンド系などお役に立てる情報をご紹介していきます!