野田市虐待事件・アンケート公開で苦情殺到!栗原勇一郎は悪気なし?

スポンサーリンク

 

 

24日、小学4年生の栗原心愛さんが自宅で死亡し、

父親の栗原勇一郎容疑者が傷害容疑で逮捕さた事件についてです。

この事件では、児童相談所と野田市教育委員会の重大な過失が認められ、

防ぐことができた事件ではないかと悔やまれています。

本当に残念でなりません。

 

1日、野田市教育委員会は、

父親の暴力を学校に訴えたアンケートのコピーを公開しました。

 

SNSでは苦情が殺到しているようです。

アンケートの内容と、世間の声を検証したいと思います。

 

 

野田市が暴力アンケートを公開

父親の暴力を学校に訴えたアンケートのコピーが1日、公開されました。「先生、どうにかできませんか」、はっきりとした文字で綴られています。なぜSOSは活かされなかったのか、ついに国も調査に乗り出しました。引用元:yahooニュース

 

 

スポンサーリンク

 

アンンケートの内容は?

 

心愛さんの手書きで書かれた回答と、

担任教諭のメモが書き足されたアンケートのコピーが公開されました。

 

それではアンケートの内容はどのようなものだったのでしょうか。

 

 

心愛さんが回答したもの

 

出典:JNNニュース

「お父さんに ぼうりょくを受けています。

夜中に起こされたり 起きているときにけられたり たたかれたりされます。

先生、どうにかできませんか。」

 

 

担任教諭が心愛さんから聞き取った内容をメモしたもの

 

 

「こわいことば → てめぇ、〜しろ」

 

 

「昨日のたたかれた あたま せなか 首をけられて 今もいたい」

 

 

「あぶないこと → 口をふさいで 息がとまらない 床におしつける」

 

 

「お母さんはみかたしてくれるが、父はほごしゃだと言って 母の言うことを聞かない」

「頭なぐられる こぶし(10回)」

「お母さんがいない時 せなかをける」

 

こうした担任のメモを消し栗原容疑者に渡していたようです。

 

 

SOSの叫び

 

心愛さんの綴った心の叫び文を見るだけで涙溢れるばかりです。

 

このように必死にSOSを心愛さんは出していたにも関わらず、

なぜ周囲の大人に悲痛の叫びは届かなかったのでしょうか?

疑問が募るばかりです。

 

ただただ亡くなった心愛さんに不憫でなりません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

文部科学省も問題視?

おととし、小学校で行われたいじめに関するアンケートでSOSを発していた心愛さん。秘密を守るという約束を守らず、野田市教育委員会がアンケートのコピーを父親に渡していたことを文部科学省は問題視している。文科省は虐待のリスクを高めた可能性があるとして、野田市教育委員会から聞き取り調査を行ったうえで行政指導した。

関係機関の連携が取れていなかったことが浮き彫りとなった今回の事件。千葉県は第三者による検証委員会を設置し、再発防止策などを検証するとしている。引用元:ライブドアニュース

 

文科省は「市教委の対応は適切ではなく、極めて遺憾と考える。悲惨な事件の一つの遠因になったのではないかと強く思う。」と述べています。

 

1日の午後、文科省の担当職員らは、野田市教育委員会を訪ね事情聴取を行ったようです。

 

 

今後どのように、学校や児童相談所での、

被害児童に対する緊急保護の権限が強化されるのかを期待していきたいですね。

 

 

 

世間の声は?

千葉県野田市の教育委員会が、女の子が暴力の被害を訴えたアンケートの回答のコピーを逮捕された父親に渡したことについて、インターネットのSNS上では、批判の声が多く上がっています。

この中では、「どんなことがあろうと、教育者と名乗るなら、盾になってでもこどもを守るべきではないでしょうか。個人のどう喝に左右などされず、立場と矜持(きょうじ)を持って毅然と振る舞うべきでした」と教育委員会の対応を厳しく批判する声がありました。

また、「親のクレームは恫喝だよあれは。なんで素直に警察に言いますよ?って言えなかったんだろうか」とか、「威力業務妨害で警察に相談しろよ……教育機関はなぜ司法警察員の介入をそんなに嫌がるのか」など、「警察を呼ぶべきだった」といった声が多く見られました。

一方で、「担当者を罰したところで、『こんな割に合わない仕事を誰がやるか』となってこういう仕事をしてくれる人間が減るだけなんだからそもそもの教育委員会・児相・学校の連携システムを見直さなければ」とか、「どうすればよかったかをちゃんと考えないと今後も同じことが繰り返されてしまう」など、虐待を防ぐ仕組みの在り方を見直すべきだといった声も上がっていました。

さらに、「『録画、録音』がかなり有効だと思う。あおり運転で効果あげてると思うし、撮りますよ、と伝えるだけでもいい。機材を奪ったり壊したりされたら警察呼べるし、相当程度の抑止力になる。対応の正当性も説明しやすい」といった意見もありました。引用元:NHKニュース

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

心愛さんが「命をかけたSOS」が無念にも届かなかった悲しい事件です。

亡くなった心愛さんがただただ不憫でなりません。

 

今回の事件の問題点を徹底的に検証し、体制が改善されること強く願います。

 

今後どのように、学校や児童相談所での、

被害児童に対する緊急保護の権限が強化されるのかを期待していきたいですね。

 

 

関連記事↓

 

【新着】小4女子虐待事件・死因は何?栗原勇一郎の二面性がヤバイ!

栗原なぎさ顔画像は?心愛さん虐待事件・母親も栗原勇一郎の暴力に関与か?

 

 

 

スポンサーリンク

 

6 件のコメント

  • こんな死に方、心愛ちゃんが可哀想すぎる。児童相談所も教育委員会も 親と一緒になって心愛を殺したも同然、日本全国の児相も教育委員会も足を使って子供たちを守って下さい。
    じゃないと いつまでも心愛ちゃんが浮かばれない。

  • 親も最悪だけど学校と役所はなんなん笑

    バカなの?バカでも試験に受かればそういう職業につけるんだね。

    死んだ子は、助けて貰えるって信じてアンケート書いたり
    暴力の内容を先生に話したのでしょ?
    信じた結果が、裏切られて親に殺されるという最悪の結果になったよ。

    なんか、児童相談所の権利で強制的に子供を引き離すとかもっとできなかったのかな。

    悪いことしたその場で子供を殴る親って世の中には沢山いるだろうけども(もちろん行き過ぎた暴力はいけないが)
    寝ている子を叩き起すとか、蹴るなんて明らかに異常なことだと思うよ。
    まだ10歳ほどの子に、なんの罪があるんでしょうか。

  • 痛ましい事件が起こりました。
    これが教育に携わる人かなと思ってしまいました。
    こういう人には教育、いじめ問題には携わらないでほしいです。
    まったくいじめにあった人が最後にはどうなるかが鮮明だと思います。
    こうなったら警察へと言っている人がまた区機能してないのです。
    何か実際に渡したらどうなるのか?なども本当に分かってない。
    子供と母親を救わないといけない。
    市長や教育委員会も全員辞めていただき、こういう仕事をやりたい人にままかせればいい。
    天下りや経験がない人に任せるとこうなるので、公務員のよりどころではないほうがいいです。
    最後に守るところで傷口に塩を塗ってしまったので、これはごめんなさいではすみません!
    教育長や市長さんが責任を全員とらないといけないです。
    誰かに押し付けるものはダメです。

  • 大人は嘘つき。結局は自分の事しか考えていない。
    亡くなったあの子の周りにはクズしかいなかった。
    こう思えてなりません。
    自分も他人の事は言えませんが・・・けど、酷過ぎますね。

  • 家庭崩壊が急増している。
    こんな現状で少子化対策なんてしても万が一、その成果が少しは出たとしても犠牲者を増やすだけだ。
    教育委員会の課長や児童相談所の所長は即刻クビにしろ!それどころか犯罪者だ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    3度の飯より旅が好き♡ 旅した国は➡︎36カ国。 最上級でエキゾチックだった旅は南米アマゾン。 オーストラリアとシンガポールに住んでいました。 現在ハワイ移住計画中です^^ 旅行、海外生活、英会話、トレンド系などお役に立てる情報をご紹介していきます!