野田市教育委員会矢部雅彦氏・アンケート公開で苦情殺到!コメントまとめ

 

 

24日、小学4年生の栗原心愛さんが自宅で死亡し、

父親の栗原勇一郎容疑者が傷害容疑で逮捕さた事件についてです。

この事件では、児童相談所と野田市教育委員会の重大な過失が認められ、

防ぐことができた事件ではないかと悔やまれています。

 

1日、野田市教育委員会は、

父親の暴力を学校に訴えたアンケートのコピーを公開しました。

 

SNSでは苦情が殺到しているようです。

野田市教育委員会の矢部雅彦次長はどうのようにお考えなのでしょうか。

 

アンケートの内容と、世間の声を検証したいと思います。

 

 

野田市が暴力アンケートを公開

父親の暴力を学校に訴えたアンケートのコピーが1日、公開されました。「先生、どうにかできませんか」、はっきりとした文字で綴られています。なぜSOSは活かされなかったのか、ついに国も調査に乗り出しました。引用元:yahooニュース

 

 

 

アンンケートの内容は?

 

心愛さんの手書きで書かれた回答と、

担任教諭のメモが書き足されたアンケートのコピーが公開されました。

 

それではアンケートの内容はどのようなものだったのでしょうか。

 

 

心愛さんが回答したもの

 

出典:JNNニュース

 

「お父さんに ぼうりょくを受けています。

夜中に起こされたり 起きているときにけられたり たたかれたりされます。

先生、どうにかできませんか。」

 

 

担任教諭が心愛さんから聞き取った内容をメモしたもの

 

 

「こわいことば → てめぇ、〜しろ」

 

 

「昨日のたたかれた あたま せなか 首をけられて 今もいたい」

 

 

「あぶないこと → 口をふさいで 息がとまらない 床におしつける」

 

 

「お母さんはみかたしてくれるが、父はほごしゃだと言って 母の言うことを聞かない」

「頭なぐられる こぶし(10回)」

「お母さんがいない時 せなかをける」

 

こうした担任のメモを消し栗原容疑者に渡していたようです。

 

 

SOSの叫び

 

心愛さんの綴った心の叫び文を見るだけで涙溢れるばかりです。

 

このように必死にSOSを心愛さんは出していたにも関わらず、

なぜ周囲の大人に悲痛の叫びは届かなかったのでしょうか?

疑問が募るばかりです。

 

ただただ亡くなった心愛さんに不憫でなりません。

 

 

 

 

文部科学省も問題視?

おととし、小学校で行われたいじめに関するアンケートでSOSを発していた心愛さん。秘密を守るという約束を守らず、野田市教育委員会がアンケートのコピーを父親に渡していたことを文部科学省は問題視している。文科省は虐待のリスクを高めた可能性があるとして、野田市教育委員会から聞き取り調査を行ったうえで行政指導した。

関係機関の連携が取れていなかったことが浮き彫りとなった今回の事件。千葉県は第三者による検証委員会を設置し、再発防止策などを検証するとしている。引用元:ライブドアニュース

 

文科省は「市教委の対応は適切ではなく、極めて遺憾と考える。悲惨な事件の一つの遠因になったのではないかと強く思う。」と述べています。

 

1日の午後、文科省の担当職員らは、野田市教育委員会を訪ね事情聴取を行ったようです。

 

 

今後どのように、学校や児童相談所での、

被害児童に対する緊急保護の権限が強化されるのかを期待していきたいですね。

 

 

 

世間の声は?

千葉県野田市の教育委員会が、女の子が暴力の被害を訴えたアンケートの回答のコピーを逮捕された父親に渡したことについて、インターネットのSNS上では、批判の声が多く上がっています。

この中では、「どんなことがあろうと、教育者と名乗るなら、盾になってでもこどもを守るべきではないでしょうか。個人のどう喝に左右などされず、立場と矜持(きょうじ)を持って毅然と振る舞うべきでした」と教育委員会の対応を厳しく批判する声がありました。

また、「親のクレームは恫喝だよあれは。なんで素直に警察に言いますよ?って言えなかったんだろうか」とか、「威力業務妨害で警察に相談しろよ……教育機関はなぜ司法警察員の介入をそんなに嫌がるのか」など、「警察を呼ぶべきだった」といった声が多く見られました。

一方で、「担当者を罰したところで、『こんな割に合わない仕事を誰がやるか』となってこういう仕事をしてくれる人間が減るだけなんだからそもそもの教育委員会・児相・学校の連携システムを見直さなければ」とか、「どうすればよかったかをちゃんと考えないと今後も同じことが繰り返されてしまう」など、虐待を防ぐ仕組みの在り方を見直すべきだといった声も上がっていました。

さらに、「『録画、録音』がかなり有効だと思う。あおり運転で効果あげてると思うし、撮りますよ、と伝えるだけでもいい。機材を奪ったり壊したりされたら警察呼べるし、相当程度の抑止力になる。対応の正当性も説明しやすい」といった意見もありました。引用元:NHKニュース

 

 

 

 

まとめ

心愛さんが「命をかけたSOS」が無念にも届かなかった悲しい事件です。

亡くなった心愛さんがただただ不憫でなりません。

 

今回の事件の問題点を徹底的に検証し、体制が改善されること強く願います。

 

今後どのように、学校や児童相談所での、

被害児童に対する緊急保護の権限が強化されるのかを期待していきたいですね。

 

 

 

 

 

 


3 件のコメント

  • 『まことに申し訳ございませんでした』。
    口だけでなら、何とでも言えるんだよなあ。それも、助けを求めていた子供を死なせるという、重大な事件を起こさせた後に。
    何のための、児童相談の機関なのか?
    まったくもって論外、話にならん。無責任の度を越えすぎ。
    テメーら機関が、子供の必死の訴えを考慮せずに、面倒で放り投げたとしか、取れねえんだよなあ。
    公務員の、立場利用の不祥事と同類だな。
    口で『今後の対策に努めます』とは?いったい何の対策を努めるんだ??
    対策を努める以前に、テメーら(機関)みたいな、いい加減の無責任カスどもを、誰が信用するのや??
    寝言をほざくのも、いい加減にしろ。死刑決定だな。

  • 父親からの暴力を訴えている心愛ちゃんのアンケートをその当事者の父親に渡すなどは全く信じられません。
    言葉は悪いですが馬鹿としか思えません。
    父親が来て恫喝した事でそれに屈して渡したとの事ですがその時に対応したのは担当者一人だったのでしょうか?

    体面を気にして一人で対応し間違った判断をしたのでしょうか?複数の職員を呼んで対応するとか場合によっては警察の方からの力を借りる事はできなかったのか、今回の不手際は単なるミスでは済まされません!

    これまでのイジメや幼児虐待死亡事件などの教訓が全く活かされてません。

    担当者には厳しい処罰をお願いたいと思います。

  • 批判されるべきはシステムなんでしょうか。私は野田市教育委員会の矢部氏や児相の二瓶氏の擁護論には疑問です。

    現行のシステムでもそれがよしとされていないことはプロである彼らがわからないはずがないのです。

    批判されるべきものを批判しないから世の中がおかしくなっていくのだと思いますけどね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。