小4女子虐待事件・暴行を長時間黙認した母親の真意は?コメントまとめ

 

スポンサーリンク

 

 

小4女子児童虐待事件についてです。

24日、小学4年生の栗原心愛さんが自宅で死亡し、

父親の栗原勇一郎容疑者が傷害容疑で逮捕されました。

この事件では、父親からの日常的な虐待の事実も次から次へと浮上し、

児童相談所の過失が大いに認められ、防ぐことができた事件ではないかと悔やまれています。

本当に残念でなりません。

 

4日、亡くなった心愛さんの母親である栗原なぎさ容疑者も、心愛さんへの父親の暴行を

止めなかったとして、傷害容疑で逮捕されました。

 

世間では、母親に対する意見や、

母親が逮捕なら教育委員会も同罪などという声が上がっています。

 

事件の真相調査と、世間の発言をまとめました。

 

事件の詳細

千葉県野田市の小学4年栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された事件で、栗原容疑者が「(事件当日の24日は)娘を廊下に立たせた。親としてのしつけで、間違いだとは思っていない」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。これまでに「しつけ」として顔をたたいたり、屋外に立たせたりしていたとも話しており、県警は虐待が常態化していたとみて調べている。
司法解剖の結果、心愛さんの死因は不詳だが、首に擦り傷があったほか、体に複数の皮下出血が確認された。当日は母親(31)と心愛さんの妹(1)もマンションの自宅にいた。
引用元:読売新聞

 

父親からの日常的な虐待が次々と浮上しています。

 

「しつけ」と「虐待」の違いがわからない、どうしようもないバカな父親ですね。

一刻も早く死因を究明し、栗原容疑者に重い罪が与えられることを願っています。

 

 

事件発覚の時から、多くの方から母親は何をしていたんだと疑問視する声が上がっていました。

 

夫からのDVを受けていたことで、抵抗ができなかったのかと予想をされていました。

 

しかし今回新たに、

母親も父親の虐待に関与していたかもしれないという衝撃な疑いが持たれています。

 

おそらく、直接的な関与ではなく、長時間暴行を黙認していたことから傷害容疑で

逮捕されたということのようです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

栗原なぎさ傷害容疑で逮捕

先月24日、千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅の浴室で死亡しているのが見つかった事件では、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が暴行を加えたとして傷害の疑いで逮捕されました。
これまでの調べで、心愛さんは事件当日の午前10時ごろから夜にかけて、冷水のシャワーをかけられたり首付近をわしづかみにされたりする暴行を受けたとみられています。
当時、自宅には母親のなぎさ容疑者(31)と1歳の妹も一緒にいたということで、その後の捜査の結果、警察は、なぎさ容疑者も暴行に関与した疑いがあるとして、4日午前、傷害の疑いで逮捕しました。
警察は、両親への取り調べを進め、暴行の状況や心愛さんの死因などをさらに詳しく調べることにしています。引用元:NHK NEWS WEB

 

4日、母親の栗原なぎさ容疑者も傷害容疑で逮捕されました。

 

父親の暴行を長時間に渡って黙認していたことで、傷害の罪となったようです。

 

なぜ暴行を止めに入らなかったのでしょうか。

 

夫からのDVがどれほど酷いものかにもよりますね。

 

しかし、子供にとって頼りどころは母親しかいなかったはずです。

 

どこかへ子供を連れて夫から逃げるくらいのことは、できたのかもしれませんね。

 

難しい問題です。

 

スポンサーリンク

 

世間の意見は?


https://twitter.com/oseren2/status/1092236266718998528


https://twitter.com/tubuyaki_223/status/1092233087533035520

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

母親は子供をなんとしてでも守るべき

母親が逮捕なら教育委員会も同罪である

 

と言った世間のお怒りの声が多数上がっています。

 

心愛さんの周りのすべての大人に疑問が込み上がってきますね。

 

悲鳴が聞こえていた近所や、

心愛さんの祖父や祖母も一体何をしていたのでしょうか。

 

悲しいです。

栗原なぎさ逮捕!心愛さん虐待事件・母親も栗原勇一郎の暴行に関与か?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。