小4女子虐待事件・死因は何?栗原勇一郎の二面性がヤバイ!

 

スポンサーリンク

 

 

小4女子虐待事件の真相に迫ります。

 

24日、小学4年生の栗原心愛さんが自宅の浴槽で死亡していた事件が起こりました。

この事件では、父親の栗原勇一郎容疑者と母親の栗原なぎさ容疑者が、

傷害容疑で逮捕されています。

 

今回は、栗原勇一郎容疑者が心愛さんに書かせた手紙に関する事実、

心愛さんの死因や栗原勇一郎容疑者の二面性に関してを調査しました。

 

 

事件の詳細

千葉県野田市の小学4年栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された事件で、栗原容疑者が「(事件当日の24日は)娘を廊下に立たせた。親としてのしつけで、間違いだとは思っていない」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。これまでに「しつけ」として顔をたたいたり、屋外に立たせたりしていたとも話しており、県警は虐待が常態化していたとみて調べている。
司法解剖の結果、心愛さんの死因は不詳だが、首に擦り傷があったほか、体に複数の皮下出血が確認された。当日は母親(31)と心愛さんの妹(1)もマンションの自宅にいた。
引用元:読売新聞

 

 

この事件では、父親からの日常的な虐待の事実も次々と浮上し、

児童相談所や教育委員会の過失が大いに認められ、

防ぐことができた事件ではないかと悔やまれています。

本当に残念でなりません。

 

 

心愛さんが出したSOSの想いは、周囲の大人に届かなかったのでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

 

栗原勇一郎の二面性

 

栗原勇一郎容疑者は、家庭と外で大きく異なった二面性があったようです。

 

会社では

 

会社の上司は、いつもニコニコしてみんなからの信頼を得ていた栗原容疑者について

あまりにも信じがたい事実のようです。

 

「非常に温厚で穏やかでコミュニケーション能力もあり、慕われていました。

どんな人にも正しい敬語を使って、自己主張もしないし、人と意見がぶつかることもなく、

みんなから頼られていました。彼を悪く言う人はいません」

引用元:yahooニュース

 

 

心愛さんの友人宅で

 

心愛さんは鍵を持たされていない事から、学校後は度々友人の家で過ごしていました。

栗原容疑者が心愛さんを友人宅へ迎えに来る時でも、異常なくらい平身低頭だったようです。

 

「お父さんが相手のお宅にお邪魔して“すみません”とか菓子折りを持ってやってきて、

丁寧すぎて怖いほどにお礼を言うそうです。ただ服装は全身真っ黒。

背が高くて、威圧的な感じがして“不気味だった”って言う人もいました」

引用元:yahooニュース

 

 

これはもはや一種の精神的な病気ではないでしょうか。

 

妻へのDVも相当ひどいものだったようです。

妻が子供をかばえないくらいひどいことをされていたのではないでしょうか。

それでも母親は子供を守るべきではありますが、

崩壊寸前の精神状態をコントロールすることは容易ではなかったのでしょう。

 

 

この二面性を考えると、

栗原容疑者は、強制的にでもカウンセリングを受けるべきだったのかもしれませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

死因は何?

 

死因についてですが、まだ公表はされていません。

 

捜査関係者によると、

死因に至るような大きなケガや外傷はなかったようです。

病死以外の何らかの原因で死亡したものと判断しているとのことです。

 

考えられることは、十分な食事を与えられていないことから、

栄養失調で衰弱していたことでしょうか。

 

真実はまだわかっておりません。

 

本当に許せない行為ですね。

 

 

教育委員会と児童相談所の2つ最大の過ちとは?

 

野田市教育委員会がいじめアンケートを父親に渡す

千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で、心愛さんが平成29年11月に「父からいじめを受けている」と回答した学校アンケートのコピーを、市教育委員会が父、勇一郎容疑者(41)=傷害容疑で逮捕=に渡していたことが31日、市教委への取材で分かった。市教委などによると、心愛さんは当時通っていた別の市立小で実施されたアンケートの自由記述欄に「父からいじめを受けている」と記載。児相は29年11月7日、虐待の可能性が高いとして一時保護した。容疑者は一時保護解除後の30年1月12日、心愛さんの母(31)と共に学校を訪れ「訴訟を起こす」などと抗議。学校側が回答内容を口頭で伝えると「実物を見せろ」と要求した。学校側から相談を受けた市教委が同月15日、コピーを容疑者に手渡した。市教委は取材に「父の怒りを抑えるためだったが、配慮を著しく欠いていた。申し訳ない」とした。引用元:産経新聞

 

 

去年1月、小学校で「父からいじめを受けている」と心愛さんが回答したアンケートを、

教育委員会は父親に渡していた事が発覚しました。

 

耳を疑いたくなるような事実です。

 

回答を父親に渡したら、何が起こるか常識でわかりますよね?

 

心愛さんはもし父親が見るとわかっていたら、書かなかったかもしれません。

 

アンケートってそういうものですよね?

 

これは大人がした心愛さんへの十分な裏切り行為ですよ。本当に悲しいです。

 

「父親の怒りを抑えるため」に回答を渡してしまったそうです。

 

子供を身の危険から守るのが児童相談所や教育委員会のはず。

あえて身の危険にさらしてしまいましたね。

 

呆れて物も言えません。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

児童相談所は虚偽の手紙を認知していた?

 

心愛さんが一時親族の場所で保護されている期間、

心愛さんが書いたとも思われる手紙が児童相談所に提出されました。

 

その内容は、虐待に関することを全て撤回し、自宅へ戻りたいとの想いが書かれた文書です。

 

この後、児童相談所は手紙内容を含めた総合的判断で、

2018年3月28日より心愛さんを自宅へ戻す判断をしました。

(この時点で、父親に書かされた可能性が高いと認知していたようです。)

 

不審に思った職員は3月19日に再び心愛さんを訪問しています。

 

(担当職員の他での緊急的な対応があったようで、19日と少々訪問が遅れてしまったようです。)

 

19日担当者が心愛さんを訪ねた時に、

この手紙は父親が心愛さんに書かせたものだと発覚していたようです。

 

しかし、心愛さん自身も

「でも、お父さんとお母さんに早く会いたい、一緒に暮らしたいと思っていたのは本当のこと」

と述べていたようです。

 

この部分での判断は児童相談所も本当に難しいところなのでしょうね。

 

心愛さんの両親と暮らしたい気持ちを優先するべきなのか、

父親の危険を大人が察知して一時的な保護を再び行うべきだったのか。

 

児童相談所の職員も1人でかなりの相談件数を請け負っているようで、

あまりの忙しさで、

正常な判断が見落とされがちになっていたのかもしれません。

 

児童相談所のような、精神的にも肉体的にも厳しい労働環境は

改善していくことも今後必要になってくるのでしょう。

 

 

参照元:AERA

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

連日心愛さんの事件に関する悲しい事実が、発覚し続けています。

もうこれ以上隠された事実はないと願っています。

 

亡くなった心愛さんが不憫でなりません。

心愛さんにご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

3 件のコメント

  • 児童相談所は人数不足を理由に掲げているが、
    人手が足らないから父親に心愛ちゃんのSOSを暴露してしまったのか!
    児童相談所の意味が分かっていない!!
    心愛ちゃんがどれだけ毎日毎日毎日毎日!!
    怖かっただろーと思うと…可哀想でなりません。
    怖かったから必死にすがり着いたのに!!!!
    児童相談所の情けないコメント
    【威圧的な緊迫感を感じて、父親にアンケート用紙を見せた】
    心愛ちゃんはその数倍毎日!!父親に暴行されていたんだぞー!!!!!!
    心無い児童相談所の行動で心愛ちゃんは…
    児童相談所は方法はいくらでもあったと思う!
    どんだけ母親にも助けを求めたんだと…
    母親は娘より自分をとった…
    助けを母親に求めても叶わない…
    児童相談所はなんの為にあるんだよ!
    対応にあたった心無い職員も
    父親母親と同罪です!
    同罪になった所で心愛ちゃんは帰って来ない。
    でも一生罪を背負っていかなくてはならない人生が始まっています!!!!!!

    こんな悲惨な心愛ちゃんの第2第3を起こさない為にも児童相談所の職員教育強化や職員増加等
    他逃げ込み施設等増設に取組んで欲しい!と
    思います!!!!!

    心愛ちゃん…
    素敵な名前を付けてもらったのに…

    心よりご冥福をお祈りします。

  • 相変わらず、どこのコメントも事後の虐待中心のトレース話ばかり・・・。
    ニュースソース的に受けを狙うのは分かるが、一番知りたいのは、
    彼にとって心愛さんの何が気に食わなかったのか、
    何が不満だったのか、どういう子供に躾けたかったのか・・・。
    誰だって、瞬間の怒りはでるもの。しかしこんなに怒りが続くほどの
    彼の信念が何だったのか知りたいですね。
    マスコミ等誰一人、そこを問題視していない、問題の発端はそこでしょう。

  • 公務員の相談所はタダタダ聞いてるフリしているだけで、結局は聞くだけです。
    決して親身で無く。ムシロ上から見下してフンゾリかえってただけです。
    我が家では相談所は税金の無駄ずかいでしかありませんでした。
    相談しても反応無く馬鹿にされた気がしてます。恨みさえ感じました。
    30年近く経った今も忘れません。本当に役人は役立たず。と。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。