留萌市一酸化炭素中毒で3人意識不明・事故の原因は?配管工事で何が?

 

スポンサーリンク

 

 

 

8日午後、北海道留萌市の公務員宿舎で、配管工事をしていた作業員3人が

泡を吹いてい倒れているのが見つかりました。

3人は病院へ搬送されましたがいずれも意識不明です。

一体何があったのでしょうか。

事故の真相を調査しました。

 

 

留萌市 一酸化炭素中毒で3人意識不明

8日午後、留萌の公務員宿舎で、配管工事をしていた作業員3人が倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが意識不明の重体です。
8日午後2時ごろ、留萌市末広町の公務員宿舎で「口から泡を吹いて倒れている人がいる」と、住人の関係者から消防に通報がありました。
倒れていたのは設備工事会社に勤める30代から60代の男性作業員3人で、病院に運ばれましたが意識不明の重体です。
警察によりますと、3人は、午前9時半ごろから宿舎の地下室にある老朽化した給水管の取り換え作業をしていました。
作業で、電気ドリルを使うために共同玄関で自家発電機を動かしていましたが、玄関の出入り口のドアは閉め切られていました。
警察は、発電機の排気ガスが建物内に充満し、3人が一酸化炭素中毒になったとみて調べています。引用元:yahooニュース

 

 

 

事故の原因は?

 

男性3人は、宿舎の地下室にある老朽化した給水管の取り換え作業をしていました。

 

電気ドリルを使用するため自家発電機を動かしていたようですが、

 

発電機の廃棄ガスが建物内に充満してしまったため、

 

一酸化炭素中毒になった可能性が高いとのことです。

 

自家発電機の使用がこれほどまでに危険だったとは、誰が予想できたでしょうか。

 

本当に残念でなりません。

 

 

スポンサーリンク

 

現場の様子は?

現場の様子を画像でまとめました。

 

 

 

事故が起きた場所は?

 

事故が起きた場所は、北海道留萌市末広町1丁目の国家公務員宿舎の屋内です。

 

こちらが国家公務員宿舎の外観です。

 

 

 

 

まとめ

 

今回改めて一酸化中毒の恐ろしさを知ることとなりました。

男性3人が意識を回復することを祈るばかりですね。

今後はこのような事故が起きないよう、

自家発電機を使用する際は、換気は重要ですね。

 

 

松戸市窃盗事件!犯人特定か?景品交換所から160万円奪って逃走!

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。