栗原勇一郎の両親は?サイコパスを把握していた?二面性がヤバイ!

 

スポンサーリンク

 

 

24日、小学4年生の栗原心愛さんが自宅で死亡し、

父親の栗原勇一郎容疑者と母親のなぎさ容疑者が傷害容疑で逮捕された事件についてです。

 

新たに、心愛さん死亡後、遺体の肺に水がたまっていたことが明らかとなりました。

それはなぜなのでしょうか、原因を探っていきたいと思います。

栗原勇一郎容疑者の二面性容疑者2人の両親についても取り上げていきたいと思います。

 

 

事件の詳細

千葉県野田市の小学4年栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された事件で、栗原容疑者が「(事件当日の24日は)娘を廊下に立たせた。親としてのしつけで、間違いだとは思っていない」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。これまでに「しつけ」として顔をたたいたり、屋外に立たせたりしていたとも話しており、県警は虐待が常態化していたとみて調べている。
司法解剖の結果、心愛さんの死因は不詳だが、首に擦り傷があったほか、体に複数の皮下出血が確認された。当日は母親(31)と心愛さんの妹(1)もマンションの自宅にいた。
引用元:読売新聞

 

 

心愛さんの死因発覚か?

千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件で、浴室で亡くなっているのが見つかった心愛さんの遺体の肺に水がたまっていたことが捜査関係者への取材で明らかになった。県警は父勇一郎容疑者(41)が冷水のシャワーを掛けたと説明しているが、何らかの方法で鼻や口から水を強引に飲ませた可能性もあるとみて、調べている。
捜査関係者によると、1月24日午後11時20分ごろ、勇一郎容疑者の110番で駆け付けた救急隊員が、浴室の洗い場であおむけになって倒れている心愛さんを発見した。身につけていた服がぬれており、勇一郎容疑者は「シャワーを掛けたら動かなくなった」と話したという。また、当日の状況について「午前10時ごろからしつけを始めた。しつけであって、けがをさせるつもりはなかった」とも供述している。
県警は同28日の司法解剖でも死因がわからなかったとしているが、胃の内容物はほとんど残っておらず、十分な食事を取らせていなかった可能性がある一方で、肺に水がたまっていた。当時、心愛さんは眠ることを許されず、衰弱していたとみられる。こうした状況に陥っていた点について、母なぎさ容疑者(31)は「冬休み中に(娘が)夫に暴行されて体の見える部分にあざができ、ばれないように1カ月間外に出さないようにしていた」と供述している。

 

新たに、心愛さんの死亡後、遺体の肺に水がたまっていたことが明らかとなりました。

 

肺に水ということは、心苦しくも何をしていたのか検討がついてしまいます。

警察の説明通り、何らかの方法で鼻や口から水を強引に飲ませた可能性がありそうですね。

 

これはもう殺人の意思があったとしか考えられない行為です。

どうして子供にこのような残虐行為ができるのでしょうか。

 

 

父親の栗原勇一郎容疑者は、

当初冷水シャワーをかけたら動かなくなったと供述していました。

それだけであるはずがないと、誰もが予想していたことでしょう。

 

想像するだけでも本当にかわいそうで胸が痛みます。

 

 

スポンサーリンク

 

栗原勇一郎の二面性

 

栗原勇一郎容疑者は、家庭と外で大きく異なった二面性があったようです。

 

会社では

 

会社の上司は、いつもニコニコしてみんなからの信頼を得ていた栗原容疑者について

あまりにも信じがたい事実のようです。

 

「非常に温厚で穏やかでコミュニケーション能力もあり、慕われていました。

どんな人にも正しい敬語を使って、自己主張もしないし、人と意見がぶつかることもなく、

みんなから頼られていました。彼を悪く言う人はいません」

引用元:yahooニュース

 

 

心愛さんの友人宅で

 

心愛さんは鍵を持たされていない事から、学校後は度々友人の家で過ごしていました。

栗原容疑者が心愛さんを友人宅へ迎えに来る時でも、異常なくらい平身低頭だったようです。

 

「お父さんが相手のお宅にお邪魔して“すみません”とか菓子折りを持ってやってきて、

丁寧すぎて怖いほどにお礼を言うそうです。ただ服装は全身真っ黒。

背が高くて、威圧的な感じがして“不気味だった”って言う人もいました」

引用元:yahooニュース

 

 

この豹変っぷりはもはや一種の精神的な病気ではないでしょうか。

 

妻へのDVも相当ひどいものだったようです。

妻が子供をかばえないくらいひどいことをされていたのではないでしょうか。

それでも母親は子供を守るべきではありますが、

崩壊寸前の精神状態をコントロールすることは容易ではなかったのでしょう。

この二面性を考えると、

栗原容疑者は、強制的にでもカウンセリングを受けるべきだったのかもしれませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

両親は何をしていた?

この件ではあまり栗原勇一郎容疑者となぎさ容疑者の両親については

取り上げられてはいませんね。

なぜだかはわかりません。

 

少なからず両親たちは勇一郎容疑者の虐待やDVに関して知っていたことかと思われます。

 

心愛さんが以前一時保護をされていたのは「親族のもとで」と報道でありますが、

恐らく父親側の両親が心愛さんを預かっていたのでしょう。

勇一郎容疑者は二面性をもち家庭では豹変する男です。

となれば、実家の両親に対しても恐らく豹変していたのかと予想できますね。

そんな息子がなぜ児童相談所で問題になっているかは、

両親なら「やはりそうか。。」といったところではないでしょうか。

 

栗原一家が野田市に引っ越す前は沖縄県糸満市に住んでいました。

その頃から、なぎさ容疑者は「親族」にDVや虐待の相談をしていたようです。

その「親族」が那覇市役所に相談したことにより、

勇一郎容疑者の問題が発覚しました。

この「親族」が恐らくなぎさ容疑者の両親ではないでしょうか。

 

このように予想ではありますが、両側の両親は問題を把握していたにもかかわらず、

何をしていたのか、という疑問が浮かび上がっております。

 

 

スポンサーリンク

 

 まとめ

 

今回の事件では、数え切れないほどの問題点が浮上しています。

亡くなった心愛さんのためにも、

一つ一つの問題を見落とさずに向き合っていかなければなりません。

 

 

【関連記事】↓

 

栗原なぎさ顔画像は?心愛さん虐待事件・母親も栗原勇一郎の暴力に関与か?

【新着】小4女子虐待事件・死因は何?栗原勇一郎の二面性がヤバイ!

野田市教育委員会アンケート公開で苦情殺到!内容は?文科省も問題視?

 

 

 

スポンサーリンク

 

5 件のコメント

  • この父親、異常だけど、その親がまともな教育して無かったんでわ‼️ いくら、40過ぎた子供でも、絶対、親の責任有り
     亡くなった娘さん、ホントに気の毒です!
    親を選べ無いですからね 
    安らかに眠ってね!

    • 3月のライオンの、妻子捨男の、100倍以上の邪悪さいったい原因はなにか、鍵は、栗原の両親、一族ではないですか?
      漫画などの知識と、自分の体験で、私の父がそのタイプだったのです、記事に納得しました。子供は、本能で気づいて、近寄らないし、その親は騙されたり、不気味がって、あのこと遊んではダメパターンで、ずっとヘルプが封じ込められました。親族も、両親揃ってだめ、高校一年まで、そうそう家のタイプがある同士に出会い、やっと納得というか、理解して、縁を切るしか子供は助かるみちがない。
      あと6年で、働くことができ、エスケープできたのに。
      栗原の巧妙さが、本当に腹がたつのは、妹すら、心愛ちゃんが守らなければならないようにしむけたはずです。
      いろいろ考察して、この結論です。悔しくて腹がたちます、毎日泣くほど。

  • 昭和生まれの私にも幼い頃同じ経験しており
    よそはよそ言われて来ました幼い頃は本当に
    辛い思い出しか残っておらず今の時代の
    ニュース見るたび虐待のニュースなどを見て
    胸が痛みますしこの子の気持ちが痛いほど分かります。
    過去の思いがよみがえってきます忘れる事は出来ない
    です。
    それで両親か離婚してくれました
    それから疎遠になって清々してます。
    誰の力も頼らず今は頑張って1人で
    人生を歩んでいます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    3度の飯より旅が好き♡ 旅した国は➡︎36カ国。 最上級でエキゾチックだった旅は南米アマゾン。 オーストラリアとシンガポールに住んでいました。 現在ハワイ移住計画中です^^ 旅行、海外生活、英会話、トレンド系などお役に立てる情報をご紹介していきます!