腸チフスで男性死亡!感染した国はどこ?腸チフスの感染源は何?

 

 

 

福岡県の男性が、南アジアから帰国後に腸チフスで亡くなっていることが発覚しました。

男性は南アジアで感染したのでしょうか。

もしそうであれば、どのように感染したと考えられるのでしょうか。

 

男性が死亡した経緯と、そもそも腸チフスとは何なのかを調査してみました。

 

 

腸チフスで男性死亡

福岡県は8日、同県福津市の男性(66)が腸チフスを発症し、死亡したと発表した。県内で腸チフス患者の死亡は少なくとも2009年以降、例がない。
県によると男性は1月15日ごろ、南アジアから帰国。2月5日に救急搬送され、下痢、意識障害などの症状があり、翌6日に死亡した。男性は南アジアで感染した可能性があるという。現在、ほかの感染者は確認されていない。
県によると、チフス菌に汚染された食品などを摂取し感染する。全国で毎年30~50人程度の感染が報告されるが、治療で回復する人が多いという。引用元;yahooニュース

 

 

腸チフスとは?

腸チフスは、サルモネラの一種であるチフス菌 によって引き起こされる感染症の一種である。一般のサルモネラ感染症とは区別され、チフス性疾患と総称される。治療後も1年間ほどチフス菌を排出する場合がある。感染源は汚染された飲み水や食物などである。潜伏期間は7〜14日間ほど。衛生環境の悪い地域や発展途上国で発生して流行を起こす伝染病であり、南アジアを中心にアフリカ、東アジア、東南アジア、中南米、東欧、西欧などで世界各地で発生が見られる。日本では感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律の施行時に2類感染症に指定されていたが、2006年(平成18年)12月8日公布の「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律等の一部を改正する法律」により3類感染症に変更となった。

引用元:ウィキペディア

 

症状は?

腸チフスに感染した人は、血液と腸管で細菌を運びます。症状には、遷延する高熱、疲労感、頭痛、嘔気、腹痛、便秘、下痢などがあります。患者の一部には、発疹も現れます。重症の患者になると、重篤な合併症を起こし、死に至ることさえもあります。腸チフスは、血液検査で確かめることができます。引用元:FORTH

 

 

 

男性が感染した場所は?

今回亡くなった男性は1月15日に南アジアから帰国をしています。

2月5日に病院へ搬送され、下痢や意識障害を訴え、6日に死亡が確認されました。

 

今回の男性の腸チフス菌感染は、「南アジア」での感染が疑われています。

 

腸チフスは、衛生環境の悪い場所での、汚染された食べ物や飲み物から

感染することから、男性も南アジアで口にした何かからの感染したということが考えられます。

 

先進国では、腸チフスの罹患率や死亡率は劇的に現象したようですが、

発展途上国では引き続き公衆衛生上の問題となっているようです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日本にいる限りはほぼ安全かと思われますが、

発展途上国に行けば誰もが感染しうる感染病です。

ご予定がある方は、予防接種をされるのが得策かもしれませんね。

 

 

こちらもどうぞ^^↓

 

 

田口裕太facebookや顔画像は?女子高生を警棒で殴った動機がヤバイ!

外環大泉事故で渋滞発生!大型トレーラー炎上・画像と詳細まとめ!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。