宇部中央消防署パワハラ自殺の真相は?男性署員の遺書には何があった?

 

 

 

山口県の宇部消防署に勤務していた男性署員が1月に自殺をした事件についてです。

男性署員が残した遺書には、パワハラを示唆する内容がかかれてあることが

新たに発覚しました。

男性を自殺に追い込むまでのパワハラは果たして本当にあったのでしょうか。

事件の真相を調査しました。

 

事件の詳細

山口県宇部市の宇部中央消防署に勤務していた20代の男性署員が1月に自殺し、職場でのパワハラを示唆する内容の遺書が見つかっていたことが分かった。管轄する宇部・山陽小野田消防局は、2月中にも弁護士らでつくる調査委員会を設け、パワハラの有無や自殺との因果関係を調べる。同消防局によると、男性署員は1月23日に自宅で自殺した。男性署員の部屋からは、職場でパワハラを受けたという趣旨の内容が書かれた遺書が見つかったという。職場の上司や同僚らへの聞き取り調査はすでに行ったが、内容については「調査委員会に委ねているので言えない」としている。同消防局の山本晃消防長は「公正で客観的な調査を行う準備をしており、結果については家族に十分な説明を行うとともに、公表を含めて対応したい」とコメントした。

引用元:yahooニュース

 

男性の自殺した理由は、職場の人間関係だったということですね。

職場の人間は認めているのでしょうか。

現在聞き取り調査中のようです。

 

 

パワハラについて

パワハラも様々ですよね。

上司が部下を叱るべきことがあれば、叱るべきなのですが、

そこに感情などを挟んでキレ気味で汚い言葉遣いを遣ったり、

仕事からかけ離れた個人に対する指摘を持ち込むことは、パワハラに近づいてきますよね。

パワハラをしているつもりはなかったとしても、

受け止める側が自殺したくなるほどの物であれば、

これはパワハラの領域なのかもしれません。

 

 

 

勤務先消防署の場所は?

 

それでは亡くなった男性署員が勤務していた場所はどこなのでしょうか。

 

男性は、山口県の宇部中央消防署に勤務をしていました。

 

 

 

まとめ

 

今回は男性署員の方が亡くなってしまい、

本当に残念でなりません。

同じ消防署で二度と同じことが起きないように、

一刻も早く事実関係が追求できることを祈っています。

 

亡くなった男性にご冥福をお祈りいたします。

 

 

こちらもどうぞ^^↓

 

 

浴槽に乳児放置で死亡・親の名前と画像は?ゲームのために乳児湯船に放置

春日部工場火事!大量の炎と黒煙・火災の画像まとめ!詳しい場所は?

ハイハイタウンで火事!天王寺上本町・火災の画像と詳細まとめ!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。