世界最大級EDMフェス!! Tomorrowland!! 豆知識②

前回に続き、世界最高峰ともよばれるEDMフェス!!

Tomorrowland(トゥモローランドについてご紹介していきたいと思います!

あれは若かりし頃、、、私はEDMにハマっておりました!!

大好きすぎて2度もこのフェスに行くことができたわけですが、、、

まだまだ日本では認知度が少ないですね!

これから行きたいと思っている方や、

全く聞いたこともない方のために!

ぜひ、お役に立てる情報フェスの魅力を知っていただきたいと思います!

 

 

宿泊について

宿泊方法

3日間のチケットを購入の方の宿泊方法は、以下の選択肢があります。

 

  • 高級宿泊プランで滞在 (Dreamlodge, Cabana, Relax Room, Exclusive Mansion Packages)
  • 予め用意されたテントを使用して、ドリームヴィラでキャンプ (Easy Tent Packages)
  • テントを持参して、フリーキャンプの敷地でキャンプ (Magnificet Greens)
  • 毎回ブリュッセルのシティまで戻りホテルに宿泊する

 

少しでも節約をしたい方に私がおすすめする方法は、現地でテント支給されるプランです

ヨーロッパからの人であれば、テントを持参して行けば一番安く行ける方法だと思いますが、

それは日本人にとってはちょっと無理がある。。

日本から飛行機で行く場合、テントなんて持ち運びたくないですからね。笑

毎回ブリュッセルかアントワープを往復してホテル宿泊するのも、

交通の便がよくないので、おすすめはしません!

お酒を飲んで踊った後はすぐに寝たいですからね!!

 

キャンププラン( Easy Tent Packages

飲食物

外部からの飲食物の持ち込みオッケーです!

ビールもキャンプ場までは持ち込めます!

ただクーラーボックスがないと、ぬるくなってしまうので、こちらも

周辺国の人たち限定ですね。。

(フェスの会場へはいっさい液体物持ち込めません)

 

2タイプのEsay Tent Packages

電源有りか無しのテントが選べます!

1回目のときは電源有り、2回目は無しを経験したのでこちらご参考までに!

 

電源有り➡︎

  • テントは広め
  • グランドも設備されていました!このグランド設備がないと、雨が降ったときテントの中が洪水になることもあります!!
  • 水のボトル(大)とトゥモローランド新聞が毎朝支給される
  • テントは設置されているので、寝袋とマットレスを取りに行くだけ

 

電源なし➡︎

  • テントはポップアップテントで小さめ
  • 芝生の上に直で設置
  • テント、寝袋、マットレスを受け取り、自分で設置。

 

電源有りの方は、初めから設置されているので手間が省けます!

しかし場所が決められているので、トイレから近いか遠いかを

選べません。逆に、電源無しの方は、芝生上で区切った場所の中で好きなスポットを選べたので

トイレの近くを選ぶことができました!

なんせ広いし、夜中トイレに行きたくなった時のためにも、テントの場所は意外と重要です!!

 

 

電源ありプラン

 

 

電源無しプラン

 

テント持ち帰りオッケー

このテントはチケット費用に含まれており、貸し出しではなく、

新品を頂けちゃうんです!

私は、寝袋やマットレスは諦めたのですが、テントのみ頑張って持ち帰りました!!

 

ドリームヴィラ・キャンプ

ドリームヴィラ内の、ひろ〜いキャンプエリアの真ん中あたりに、

野外ジムやフィットネスクラスもあるんです!!

朝っぱらから元気良く20メートルランをやっているの見かけました。笑

パーティー明けのはずなのに。。。

食べ物には困りません!屋台がたくさん併設されており、

お値段もワンプレートで1000円くらいです。フライドポテトも400円くらいです。

会場内施設・ステージ数

 

 

ステージ

Tomorrowland全体の広さはなんと東京ディズニーランドの59倍!!

巨大な会場内には大小合わせて16ものステージが存在します!!

それぞれセットのコンセプトも異なり大小さまざま洞窟内のステージ

水上面にそびえ立つステージなど、想像を絶するユニークな造りになっています!

 

 

ステージの細かいところにまで手の込んだ仕掛けや、観客を楽しませようとするアイデアが印象的です!!

 

 

 

トイレ

トイレ区域ひとつでも、女の子が衣装やメイクをチェックしやすいように

大きな鏡があり、フレグランスなども置いてあり、全てに対して手を抜かない演出と心遣いが感じられました!

そして、通常フェスというと、トイレで毎回行列をイメージ

しますよね? 特に女性側!

そんな問題もありませんでした!若干並びますが、若干です。

毎回の清掃も行き渡っており、ペーパーが無くなることも少なく、

フェスのイメージを覆すものとなりました。

さすが世界最高級のフェスですね!^^

 

気温と服装

気温は夏だからといっても、日本の夏とは異なります!

2度このフェスを経験しましたが、かなり気候に違いがありました!!

2015年度は、とにかく寒いという印象!

なぜならば4泊5日間現地で過ごした中、3日は雨が降っていました

小雨が降ったり止んだりん繰り返しが多かったです。朝から雨が

降っていた日は本当に寒くて、スーパーでパーカーとブランケットを購入したくらい。。。

ロンパンにパーカーくらいがちょうどよかったですね。

メインステージでは、うしろの方の芝生区域で、みんな座ったり踊ったりするんですが、

雨が降った後は座ることさえできなかったので、新聞を引いてブランケットも利用

していました。

そんなイメージで挑んだ2017年度では、お天気に恵まれ雨は小雨が一度のみ!!

気候も圧倒的に暖かかったです!!なので1日中半袖ショーパンでも大丈夫!

それでも朝晩はすこーしだけ冷えましたが。

 

 

結論、厚手のパーカーとロンパンを1つずつ用意してあれば大丈夫かと思います!

あと、急にステージ前の人混みの中、雨が降った時のためにも、

100均の透明ポンチョもあると安心です!!

ご参考までに!!

 

まとめ

2度行ってしまったほど行く価値ありありのフェスです!!

ヨーロッパまではるばる行くとなるとかなり費用もかさみますが、

これだけの感動と興奮を体感できるのであれば行って損はないです!

未知の世界を自分の目で確かめてみてください!♡

人生で貴重な体験となることでしょう♪

 

 

 

 

こちらもどうぞ↓^^

世界最大級のEDMフェス!Tomorrowland!!豆知識①

美食の街シンガポール!!日本人の味覚に合う絶品B級グルメ10選!<前編>

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。