四條畷中学暴力事件・教諭の鼻を折った生徒は誰?920万円損害賠償求める

 

スポンサーリンク

 

 

 

2013年、大阪府四條畷市立中学に勤務する40代の男性教諭が、

生徒から暴力を受け重症を負ったにも関わらず、

学校側が救急車を呼ぶなどの対応をせず公務災害の申請も妨げられたとして、

市などに計約920万円の損害賠償を求める訴訟を28日起こしました。

男性教諭は、当時鼻の骨を折るなどの重症を負い、

現在でも手首の痛みは消えないようです。

学校側の対応は正しかったのでしょうか、事件の真相を

調査しました。

 

 

事件詳細

大阪府四條畷市立中学に勤務する40代の男性教諭が、校内で男子生徒に殴られて重傷を負ったのに、学校側が救急車を呼ぶなどの対応をせず、公務災害の申請も妨げられたとして、市などに計約920万円の損害賠償を求める訴訟を28日、大阪地裁に起こした。生徒からの暴力を巡り、現職教諭が学校側を訴えるのは異例だ。
訴状によると、教諭は2013年12月の給食時間中、教室の扉を蹴った1年生の男子生徒を注意したところ、顔を殴られた。さらに両手首を強く締め付けられ、膝蹴りを受けた。鼻の骨を折るなどの重傷を負ったが、学校側は警察や消防に通報しなかった。
直後から休職を余儀なくされ、当時の校長に公務災害の申請を依頼。しかし校長は「保険で治療しないか」「目撃者がいないので書類が書けない」などと拒否し、約3カ月後まで手続きしなかったと主張している。
教諭は何度も手術を受け、公務災害と認められた。15年10月に復職し、現在は別の市立中に勤務するが、手首の痛みは消えないという。
教諭側は、以前からこの生徒による暴力行為があったのに、学校側が出席停止にするなどの対策をとらず、公務災害申請も妨げるなど、安全配慮義務を怠ったと訴えている。
市教育委員会は「教諭に不安を与えたかもしれないが、学校や市教委の対応は適切だった」としている。引用元:yahooニュース

 

 

学校側の対応は正しかった?

男性教諭は、現在でも痛みが残るまでの手首の損傷や、

鼻の骨を折るといった重症だったようですが、

学校側は救急車を呼ぶなどの対応をしないばかりか、

公務災害の申請も当初は拒否したようです。

学校側の言い分としては、「目撃者がいないので書類が書けない」

それではなぜ救急車を呼ぶなどの対応をしなかったの疑問ですね。

事件後何度も手術を受けるほどの重症だったようですが、

軽症にしか見えなかったのでしょうか。

それとも学校側は、

生徒の暴力事件の事実が重沙汰になるのを恐れたからなのでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

学校はどこ?

 

暴力事件が起きた四條畷市立中学とはどこなのでしょうか。

四條畷市内の中学には4つあるようですので、

この中の1つかと思われます。

 

四條畷市立四條畷中学校

四條畷学園中学校

四條畷市立四條畷西中学校

四條畷市立四條畷南中学校

 

 

世間のコメントは?

臭いもの・面倒なものには蓋をする体質。
昔っから腐りきってる。

骨折して後遺症残ってるのに適切???
こんな組織が野放しで本当に良いのか?

救急車呼ばなかったのは兎も角
公務災害申請を妨げたのは問題だろうな
ま~学校側は生徒を守りたかったのかも知れないが
今はその様な時代では無いだろう

これは流石はニッポンと言わざるを得ない

今は生徒の暴力事件多いよね
もみ消されてることが多い
昔は先生の暴力多かったけど今は違う
教師から暴行を受けていた時代の生徒が大人になって今度は先生になって生徒からも暴行を受ける
先生たちガンバレ!!!!!

 

 

 

まとめ

後遺症が残るほどの重症を負ったにも関わらず、

この事件に対する学校の対応は、

あまりにも酷すぎるのではないでしょうか。

「教諭に不安を与えたかもしれないが、学校や市教委の対応は適切だった」

と反省の色もないようです。

いかがなものでしょうか?

 

 

こちらもどうぞ^^↓

 

奄美市名瀬平田町で火事!火災で2人死亡・詳しい場所は?画像と詳細まとめ

江東区東陽で殺人事件?マンションで手足縛られた女性の遺体発見

須山流星facebook特定?品川区歩道橋で女性に強制わいせつ!余罪も?

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

3度の飯より旅が好き♡ 旅した国は➡︎36カ国。 最上級でエキゾチックだった旅は南米アマゾン。 オーストラリアとシンガポールに住んでいました。 現在ハワイ移住計画中です^^ 旅行、海外生活、英会話、トレンド系などお役に立てる情報をご紹介していきます!