岩村樹憲の顔画像! 松山大学教授が生徒にMDMAを作らせた理由は?

 

 

 

2013年、学術研究を目的として麻薬の製造などを

行える麻薬研究者の免許を取得せずに、

自身の研究室の学生にMDMAを作らせたり所持させた疑いで

松山大薬学部の岩村樹憲教授、助教、当時の生徒らが

書類送検されました。

事件を詳しく調査しました。

 

詳細

麻薬研究者の免許がなかったにもかかわらず、合成麻薬「MDMA」を学生に作らせたり、別の麻薬を所持したりしたとして、四国厚生支局麻薬取締部が16日、麻薬取締法違反の疑いで、松山大薬学部の岩村樹憲教授(61)を書類送検した。捜査関係者が同日、明らかにした。
捜査関係者によると、岩村教授は医療薬学科の教授で、危険ドラッグなどの薬物を研究。学生に合成させたことを認め「勉強のためにやらせていた」などと話している。
書類送検容疑は2013年、学術研究を目的として麻薬の製造などを行える麻薬研究者の免許がなかったが、自身の研究室の学生にMDMAを合成させるなどした疑い。引用元:KYODO

 

2013年に行われた麻薬製造の研究だったということです。

なぜ今ごろ発覚したのかは謎ですね。

研究許可を得るための免許取得を怠ったということです。

どれほど面倒な手続きがあるのか、気になります。

 

 

生徒に薬物を作らせた理由は?

麻薬取締法では、都道府県知事の免許を受けた「麻薬研究者」が学術研究のために麻薬を製造することを例外的に認めていますが、この教授は「免許を受けるのを怠った。使用目的ではない」と話ています。引用元:KSB瀬戸内海放送

大学の研究室で学生に合成麻薬MDMAなどを製造させ、

所持した疑いで松山大学の岩村樹憲教授と助教、

当時の学生らが書類送検されました。

岩村教授は「学術目的だった」と話しているとのことです。

通常、学術研究のためには免許が必要とされているようですが

岩村教授は免許取得を怠ったと供述しています。当

時の学生らは「教授に指示されて製造しただけ」などと

話しているということです。

 

 

岩村樹憲教授の詳細

岩村容疑者について、現時点で公開されている情報をまとめました。

名前:岩村樹憲

年齢:61歳

職業:松山大薬学部教授

容疑:麻薬取締法違反の疑い

 

 

ネット上のコメント?

化楽の一種として作ること・作ることを学ぶことはあってもいいと思うけど、なんのために厳しい規制を敷かれているのかがわかっていない。
厳しい取締をされるべき。
(巻き添えを食う形になった学生さんには気の毒)
横流ししようとかいう意図ではなく、帳簿管理等が面倒くさかった ということだろうけど、そこがルーズではいけない。

簡単に作れちゃうんだね
高学歴になるとこういう研究ができて危険な面もあるので正しく知識を使ってほしい

作るのにそれなりの設備や施設が必要だったりするのかね? たとえ許可をもっていても製法を一般人に教えることが「教育」なのかは少し疑問。

「免許を受けるのを怠った」
ずいぶんと研究手順が整備されていない教授ですね。
いろんな意味で生徒が気の毒です。

化学を理解していて必要な器具があれば出来るんでしょうけど
学生に作らせてはダメでしょう
理系卒の知り合いは材料と器具があればサリンも作らないけど作れる
オウムの事件の時は作ったなとすぐ分かったと言ってました
その知識が悪い組織に利用されないように教育してもらいたいものです

出典:yahooニュース

 

 

 

まとめ

薬物を生徒に作らせるというのは、

いくら学術目的だとしてもかなりリスクがありますね。

ましてや免許も無しということです。

こういった薬物に関する規制ルールは、

しっかりと守っていかないといけないですね。

 

 

こちらもどうぞ^^↓

 

 

 

上村栄生の犯行動機がヤバイ?堺市葛原一美さん殺害事件

山室和也顔画像!神奈川県職員 反町駅で盗撮!100件以上余罪か

秋山朝子の顔画像!三鷹市殺人事件 元夫をハンマーで殴り熱湯をかける

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。