ワーホリ成功の秘訣!オーストラリアで仕事探しのコツ

スポンサーリンク

 

皆さんこんにちはChakiです!

私は以前、オーストラリアで2年間のワーキングホリデーを

していた時期があります。

一つの目標として「たくさん貯金をすること」を目指した私は、

2年間で8つのお仕事を経験することができました。

 

今回は、オーストラリアでのワーホリ成功を目指し

仕事探しコツ」をお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

8つの飲食店で働いた経緯

 

オーストラリアで、ワーホリをする人は、働きながら都市を転々として

違う環境を楽しむ人が多いと思います。

ですが私の場合は、ゴールドコーストのビーチの美しさと、

年中の恵まれた気候に魅力を感じ、都市の移動は選択肢にありませんでした。

 

 

それにもかかわらず

同じ場所で「なぜ8つのお仕事を?!」と思う人もいるかと思います。

 

理由は以下の2つ。

 

1つ目は、オーストラリアでは法律により、ワーキングホリデービザでは

「同じ会社で6ヶ月以上働いてはいけない」という規則があります。

 

2つ目は、私の生活していたゴールドコーストでは、

ハイシーズン(忙しい時期)とローシーズン(暇な時期)の差が激しいため!

 

 

ハイシーズンは夏場にあたる12月、1月を指します。

この時期になると、主にオーストラリア国内からの多くの観光客が、

夏休みを利用してにゴールドコーストへ、バケーションをしにやってきます。

 

逆に冬になると観光客は、激減!

他にも中国の旧正月や、ヨーロッパの夏休み期間などで、

時期的に繁忙期が左右されます。

 

そのため飲食店でも、

人員をたくさん必要とする時期があれば、

人件費削減で人を極力雇わない時期があるわけです。

なので、シフトに入れてもらう時間数がかなり不安定!!

これでは生活していけません!!!

 

そんなことから、十分な労働時間数を得るために私は、

常に2つ以上は仕事を掛け持ちして、

6ヶ月ごとに仕事を変えていかなければいけませんでした!

 

仕事を探す方法

 

 

現地での仕事の探し方は、

  1. 直接飛び込みで履歴書を手渡し
  2. オンラインで応募
  3. コネをつかむ

となります。

 

1は、履歴書を一軒一軒まわって手当たり次第配り、何でもいいから仕事を見つけたい人自分のパーソナリティーをお店の人に直接見てもらってアピールしたい人、にはオススメ

 

2は、やりたい仕事やお店がはっきりとしている場合にオススメ。オンラインで選定して応募をすれば時間の短縮と履歴書を印刷する手間が省けます!

 

3は、ある程度同じ都市に滞在して知り合いをつくる期間が必要。実際に2年目のとき、私はフラットメイトの紹介で条件の良いお仕事を見つけることができました!

スポンサーリンク

仕事探しの厳しさ

 

理想と現実の

日本での「学生時代のアルバイト探し」とは異なり、

私たち日本人が現地で仕事を見つけることは遥かに難しいです。

まず1ヶ月は何も見つからない想定で臨むと、

精神面でも金銭面でも前もって準備しておくことができますね。

 

ワーホリ出発前は、いろいろと思い描く理想があり、

せっかく行くならローカルのお店がいい!!

日本食は絶対にいや!!

お給料は〜ドル以上じゃないと無理!!などなど

希望のお仕事への期待があるかとは思いますが、、、

実際に(特に初めの方は)、理想通りにいかないのが現状です。

 

 

注意点とコツ

 

重要ポイント1

まず大きく左右してくるのは、タイミング!!!

これが「ほぼ」と言えるでしょう。

どれだけ優秀であっても、そのお店の人員に空きがなければ、

履歴書は見ようとさえ!!しません!

 

逆に言って、急に人員の空きができた時は、

そのタイミングで履歴書を持って行きさえすれば、

ある程度のスキルの人になら連絡をすることが多いです!!

海外では、当日人が辞めたり、クビにされたりなんてよくあることです。

そして、仮に誰かが辞めるとわかっていても、

前もって代わりの人を雇うかと思いきや

いなくなってから慌てて探し出す!なんてことがよくあるので。

 

急に電話がかかってきて

「明日から入れる?」なんて聞かれたりもします。笑

それはどうにもできない、運ですね!!

 

ただ、その運を増やすための方法はあります。

できる限りの履歴書を配りに行くこと!!

が大切です。

数打ち当たります。笑

一つ一つ応募して採用の結果を待つなんてことは、しないように!

 

重要ポイント2

履歴書を配るとき、できるだけ従業員に渡さずに、

マネージャーがいれば直接渡してください

そうすると採用までの時間の短縮にもなりますし、

笑顔で印象良くアピールしておくとすぐ面接をしてもらることがあります!

時間さえ空いていれば、そのまま席で面接してくれるところもあります!

 

もし従業員に渡すとしたら、なるべく印象良く、日本の会社は身だしなみも意外と

チェックしているので気をつけてください。

従業員がそのままあなたの印象をメモして、

マネージャーに報告している場合もあります。

 

重要ポイント3

時間帯はなるべく、ピーク時や週末を避けましょう。

忙しいと相手にしてもらえません!

そして、ピーク時間に行くことに対し「常識がない」と

思われることも少なくありませんのでご注意を!

スポンサーリンク

忍耐力

 

何十枚も履歴書を配って連絡がこないのは、普通です!!!

「自分のせいではなくタイミングが良くないだけ!!

と思って、ストレスをかけず、気長に履歴書配りを続けることが、

何より大切だと思います!

私の場合、留学経験やシンガポールでの就労経験もありましたが、

履歴書を40枚配って、一つも連絡がない時期はありました。

 

妥協することも大切

 

仕事が見つからない人に多い特徴は、

「応募する前から選びすぎている」ことです。

理想や、条件ばかりを気にして最初から応募する枠を狭めていると、

仕事が見つかるまでに時間がかかってしまいます。

時間がかかれば、かかるほど、家賃や学費などの支出ばかりとなり

「焦り」だけが増えてしまい、楽しいはずのワーホリが台無しです!

 

 

「採用されたらその時に考える」程度にしておいて、

初期段階でできるだけ多く応募をしておくと、思いがけないチャンスなどもあり

最短で仕事が見つかります。

働く気は無かったけど、案外と採用されたら嬉しくて

働きたい気持ちになるかもしれませんよね!

 

もしすでに仕事がある人は、じっくりと理想な仕事を

探してみるのも良いかと思います!

 

まとめ

 

オーストラリアのワーホリでは、みなさん様々な目的が

あるかと思いますが、その中で、ほとんどの人が

一度は仕事探しの苦労を味わうことになるでしょう。

外国人労働者が多く仕事探しのライバルが多いオーストラリアで、

少しでも優位に立てるよう、日本にいる間に英語力を少しでも向上させて

いかれることをオススメします!

 

 

 

こちらもどうぞ^^

死ぬまでに絶対行きたい世界のEDMフェス!!

シンガポールお得情報〜あのマリーナベイサンズを見下ろせちゃう屋上バー!?〜

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

3度の飯より旅が好き♡ 旅した国は➡︎36カ国。 最上級でエキゾチックだった旅は南米アマゾン。 オーストラリアとシンガポールに住んでいました。 現在ハワイ移住計画中です^^ 旅行、海外生活、英会話、トレンド系などお役に立てる情報をご紹介していきます!